読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ScalaMatsuri 2016 でスタッフ&発表やりました

だいぶ出遅れましたが、ScalaMatsuri 2016 の参加報告です。

scalamatsuri.org

発表者として

今回、CFP に応募して当選した「なぜリアクティブは重要か (Why Reactive Matters)」というタイトルで発表をさせていただきました。投票してくださった皆様、聞きにきてくださった皆様、ありがとうございます。

発表に使ったスライドは以下になります(発表は英語スライドでしたが日本語化しました):

www.slideshare.net

あと、Togetter でまとめて頂いたツイートはこちら

今回はプログラミングの話題に重点を置きつつ、〈リアクティブ・コンポーネント+データフロー〉という構図が、非同期プログラムのコードから分散システムのアーキテクチャまで、様々なスケールで出現する様子をご紹介しました。

最後でチラリと触れた「イミュータブル・インフラストラクチャ (Immutable Infrastructure) みたいなキーワードが流行ったわりには、DevOps のツールチェインって命令型ばっかで関数型の知見が全然入ってないよね」という話は、そのうちどこかで改めて扱いたいと思っています。

あと、タイトルの元ネタである「なぜ関数プログラミングは重要か」自体についてはあまりちゃんと紹介できませんでしたが、先日、解説記事を書きましたのでご興味があればぜひ。

81 枚分の内容を 40 分の時間内に収めて話すという所はクリアしたものの、「内容が頭に入ってこなかった」というご意見も頂いており、そこは反省点ですね。精進します。

参加者として

当日はスタッフとしてバタバタしてたので頻繁に中座してましたが、聞きたかった発表については翻訳チーム内でローテーションを調整してもらったのでガッツリ聞けました。ありがとうございます。

一日目は、とにかく Jonas Bonér さんの発表が圧巻でした。スライドだけ見ていると「???」という所が多いのですが、実際に聞くと本当に分かりやすい。あと、スライドは字幕付け作業の一環で事前に目を通していたのですが、まさか冒頭で「○ッキー」のテーマをブッ込んでくるとは思わなかった(笑。

レジリエンスというキーワードについては、今回、翻訳チーム内でもどう訳すかについて散々議論したのですが、日本語にピッタリと対応する言葉がない、なかなか奥深い概念です。リアクティブ・マニフェストの翻訳では〈耐障害性〉としたのですが、そのまま〈レジリエンス〉と訳すより仕方がないという結論になったので、マニフェストの方も変更するかもしれません。そのうち講演動画もアップする予定なので、その際に私も解説記事とか書きたいですね。

二日目は、朝会に始まり Typesafe メンバーのパネルと Scala 社内教育のパネルと、一日に三回も司会に登壇するという自分でも謎の大車輪をやっていました。貴重な経験ができたと思います(笑。

来日中の Typesafe メンバー全員に参加していただいたパネルディスカッションについては、まぁぶっちゃけると私がどうしても話を聞きたかったので、麻植さんに出演交渉の仲介をお願いしたり、TIS の前出さんと根来さんにも加わって頂いて作戦会議したりして、なんとか形になりました。皆様、本当にありがとうございます。

内容としては、Typesafe 社の技術開発やビジネスの方針について、今までドキュメントやプレスリリースから憶測していた部分のニュアンスがかなり明確になったので、個人的には大満足でした。今までウェブ上で明言されてなかった話とかも飛び出したし…。

社内教育パネルについては、そもそもの「何を、どういう順で教えるべきか」という点が人によって意見に隔たりがあることが確認できたものの、できればもう少し深堀りできると良かったですね。司会として、事前にインタビューとかしておくべきでした。

スタッフとして

今回、準備委員会では「翻訳チーム」のリーダーを任せていただきました。仕事内容はこんな感じですか:

  • 同時通訳者の派遣の手配と、当日の対応
  • メールやリリースの文面の翻訳・レビュー
  • CFP の英訳・日本語訳とウェブサイト掲載
  • 発表スライドの CoC compliance レビュー、英文レビュー、字幕作成、etc..
  • 海外参加者の渡航に関するフォロー

今回、同時通訳はケイワイトレードさんにお願いしました。PyCon の方から良い評判を伺っていたことが決め手になって依頼したのですが、当日ご来場頂いた方はお分かりの通り、非常に質の高い通訳を提供して頂けました。

これは、通訳者の皆さんがプログラミングについての知識をしっかりとお持ちであったことが大きいです。また、発表者に対するインタビューなどの事前準備もしっかりしていました(自分がインタビューを受けた際も、「アクターは、オブジェクト指向で言うところのオブジェクトと同じものですか?」という的確な質問を受けて感心しました)。今回の ScalaMatsuri は、関数型プログラミングの専門用語が飛び交うたいへん難しい依頼だったと思いますが、期待以上の仕事をして頂けたと思います。

翻訳の実務については、今年も横田さん (@eed3si9n_ja) に大きく依存してしまい申し訳ありませんでした…。ただ、今年は皆様のご協力のおかげで、去年よりもワークロードが分散化できたかなと思っています。竹井さん (@taketon_)、木村さん (@kimutansk)、田中豪さん (@tan_go238)、田中翔さん (@tshowis)、岡田さん (@ocadaruma)、大村さん (@everpeace)、青山さん (@aoiroaoino)、河内さん (@kawachi)、その他ご協力頂いたスタッフの皆さん、ありがとうございました(順不同)。

行動規範 (CoC) について

昨年から始めた行動規範の文面の見直しや、マナー動画のアイデア出し、各種資料の compliance レビューに参加しました。

www.youtube.com

行動規範のあり方についてはスタッフ内にも色々な考え方がありますが、個人的には規範的な面より啓発的な面を重視すべきという考え方で意見をしていました。要は、ルールを定めるのは「開かれたカンファレンス」の実現が目的であって、違反者の断罪が目的ではないということです。

Scala Matsuri は、様々な地域やコミュニティから集う技術者に対して開かれたカンファレンスを目指しています。特に、性別や人種など、多様な背景を持つ人々が互いに敬意を払って楽しい時間を過ごせるよう、当カンファレンスでは、発表者や参加者、スポンサーの皆様に以下の行動規範を守っていただくようにお願いしています。

また、こうした取り組みは我々だけがやっても意味がないので、他のカンファレンスにも輪を広げていきたいと思っています。今回の行動規範の文面やマナー動画は、皆さんのカンファレンスでどんどんパクって頂くことを前提に作っています。ご自由にお使いください。

一方で、行動規範を真面目に運用しようとすると、資料のレビューやクレーム対応等に少なからずコストをかける必要があるのも確かです。技術カンファレンスの多くがボランティアで運営されている以上、いきなり完全なサポートは難しい場合も多いと思います。

私は、段階的な導入で構わないと思います。行動規範は、先ほども書いたように、「正義の実現のため」というよりも「参加者の間口を広げるため」にあると考えるからです。また参加者の方も、自分が参加するカンファレンスに行動規範がない場合に、そのことを責めるのではなく、自分から手を挙げて仕組みの整備に協力するくらいの心構えを持って頂けると良いのではないかと思います。

まとめ

2013 年の Scala Conference in Japan 以来、3回ほどスタッフとして関わってきましたが、国内外の濃い面子がここまで一堂に会する機会を実現できたのは始めてだと思います。個人的には、他の技術カンファレンスを通して考えても例がありません。例えば、吉田さん(Scalaz コミッター)と Bill Venners さん(Scalatest 作者)の対話が実現した件は、その最良の成果の一つだと思います。

また、同時通訳については導入して本当に良かったと思います。私も含めて、数年前よりも英語スキルが上がってきている面子が増えているものの、双方向に議論をするとなると、まだブ厚い壁が存在します。その垣根が取り払われることで、日本語話者と英語話者が同時に登壇してパネルディスカッションをやる、といったことも実現できるようになりました。「Scala の国際カンファレンスをやる」という目標に対して、大きく近づいたと思います。

参加者の皆さん、発表者の皆さん、そしてスタッフの皆さんの貢献に感謝します。ありがとうございました。